薬剤師の求人応募にブランクは不利か

MENU

薬剤師の求人応募にブランクは不利か

薬剤師の有資格者には女性が多く、出産や育児のため離職した後に再度復帰することも多いのですが、その際に職歴にブランクがあることが不利ではないかと心配になります。しかし、薬局などでの求人には、「未経験者歓迎」と記載されていることも多いため、職歴が全くなくても問題ない場合が多いです。全く職歴がなくても良いのですから、職歴にブランクがあっても構いません。過去に薬剤師としての経験があれば、全く経験がないよりも有利な条件であると言えます。但し、職歴が空いていたらその間に新しい薬が出ていたりして知識が古くなっている場合があるので、勉強を怠らないようにして常に新しい知識を入れる努力をしていることを雇い主にうまくアピールすることも大切です。

 

薬剤師の求人と手数料について

 

薬剤師の求人情報が掲載されている転職支援サイトはいくつか存在しますが、いずれも求職者側は一切無料で利用することができます。しかし、本当に無料なのか、後で費用を請求されやしないだろうかという不安を感じている薬剤師もいるようです。では、無料で利用できる転職サイトの運営費用は実際にどこから捻出されているのでしょうか。
それは採用側が支払う掲載手数料で賄っています。
手数料の額は各転職サイトで異なり、また、掲載するだけで有料となるケース、掲載は無料で採用者が決まれば報酬として費用を支払うケースがあります。よって求職側に一切費用はかかりません。
ちなみに、採用のために費用が支払われると採用者の年収が下がるとの声もありますが、この事実はありません。