ママさん薬剤師の求人が増えています

MENU

ママさん薬剤師の求人が増えています

国家資格者である薬剤師といえども「お客様の要望を聞くこと」が必要な場合があります。例えば、調剤薬局・ドラッグストア等では「熱だけでなく、子供の咳がひどい」とか「子供が風邪気味で下痢もしている」等の症状を伝えられ、「薬を飲ませることに加えて、気を付けるべき点は?」等のリクエストが多くなっています。当然、調剤薬局・ドラッグストア等では「お子様を持つお客様の要望を聞く」能力を持っている人を求めています。例えば、「お子さんは脱水症状をおこしやすいので、薬と一緒に水分もお買い求め下さい」とか「夜に高熱になった場合には、脇の下を冷やしてあげてください」等のアドバイスが出来るママさん薬剤師が人気で、ママさん薬剤師の求人も増えています。

 

病院の薬剤師の求人について

 

薬剤師の求人の中には、病院からのものもあります。しかし、病院の薬剤師の仕事は、薬局の薬剤師の仕事とは大きく異なります。
薬剤の適正な使用に関し監視監督し、時には医師に対してアドバイスを行わなければいけない仕事のため、急患や緊急対応の場合には立ち会わなければならない場合も有りますし、医師同様夜勤や当直もあります。また、休日や夜間などの緊急外来があった場合には民間の薬局が営業していないため、院内処方で薬剤の処方を患者に行うなどの仕事をこなす必要もあります。
その為、一般の薬局などに比べ収入は高額なのですが、仕事は過酷な部分があります。
しかし、医療現場により近く、また現場に即した能力も求められるため、非常にやりがいのある仕事であるとも言える仕事です。