薬剤師の求人における在宅専門職の魅力!

MENU

薬剤師の求人における在宅専門職の魅力!

病院・調剤薬局等での調剤・服薬指導等は、基本的に複数の薬剤師が連携や役割分担をするチームワーク的な側面が強く、一定範囲の人間関係の中で業務をすることになります。これとは対照的に、調剤した薬を持参して個人宅や介護施設を訪問する在宅専門の薬剤師は「基本的には一人で個人宅を訪問する」ことになり、お客様と対面で、服薬指導や残薬管理等をするため「自ら考え主体的な仕事ができる」というメリットから在宅専門の求人は人気があるのです。また、個人宅を訪問する薬剤師は、医師や看護師と情報交換をしながら、在宅での治療方針に関与可能です。そのため、求人に対して「広い視野で調剤・服薬指導等をしたい」という応募が多く、非常に人気があります。

 

年収が高い薬剤師の求人とは

 

薬剤師の平均年収は500万円とサラリーマンと同額ですが、実際はピンキリです。どうせなら、いいお金がもらえる求人を見つけたいところですが、やはりそれにはそれなりのキャリアが必要でしょう。事実、地道にキャリアを積めば、いずれは800万円以上稼ぐことも可能な世界です。
しかし、そんなに待っていられないという方には新卒でも700万円以上の年収がもらえる職場もあります。
それは、地方勤務をすることです。田舎の、特に過疎化しているような場所では薬剤師は新卒でも重宝される存在です。よって、かなりの好待遇で迎え入れてもらうことができるでしょう。
勤務場所にこだわりがないというのなら、こういった求人を見つけてみるのもおすすめです。