薬剤師の外資系求人が人気な理由について

MENU

薬剤師の外資系求人が人気な理由について

薬剤師が求職する際に、外資系企業の求人が人気な最大の理由は、なんといってもその年収の高さにあるといえます。一般的に薬剤師は専門職のため、他の一般職に比べて年収は高いと言われていますが、中でも海外企業の条件の良さは群を抜いています。日本で使用されている薬は日本で開発されたものばかりではなく、海外で製品化されたものを輸入して使用することも少なくありません。ですから外資系企業にとって日本人の薬剤師は日本の医療機関や企業との連携に欠かせない人材なのです。海外企業で働く場合の平均的な収入は1000万円を超えるとも言われており、その他の医療機関やドラッグストア、調剤薬局などより条件がいいため人気が高いといわれています。

 

年収600万以上の薬剤師求人について

 

年収600万以上の薬剤師求人について、薬剤師が不足している地域が多いためにそれらの不足している地域では、年収を高額にするなどしないとなかなか人材が来てくれないという事情があります。そのため、こうした求人情報が出回っている地域があります。
そもそも都市部よりも地方でこの人材不足は続いていて、大学卒業が4年制ではなく6年制に変更になったのも大きいと言われています。新卒者がいない時期があったために、極端な人手不足とされた時期がありました。
ただし、この状況は徐々に解消されつつあります。6年制に変更になった新卒の人たちが少しずつ薬剤師試験に合格してきているためで、人手不足が東京などを中心に解消されてきているので、条件がいいところへは早めの応募も必要になる可能性があります。