夜勤のある薬剤師求人とは

MENU

夜勤のある薬剤師求人とは

看護師には交代勤務によって夜間に仕事がありますが、薬剤師にも夜間勤務はもちろんありますし、ドラッグストアや調剤薬局ではほとんどありませんが、入院患者のいる規模の大きな病院に勤務する薬剤師であれば、看護師と同様の勤務体系となるのが普通です。もちろん夜勤もありますしオンコールによる出勤も普通にあると言えます。大病院の求人では条件の良い所も多くありますが、収入面だけで求人を選ぶと交替制勤務により過酷な労働環境があると言えます。薬剤師は6年制の大学に通い難易度の高い資格を取得しなければなれない職業ですから、労働環境を重視するには勤務先を選ぶ必要があります。現在ではドラッグストアでも条件お用意ところは多くありますので、夜勤を望まない場合には注意が必要なのです。

 

薬剤師の求人年齢について

 

薬剤師は病気の治療や予防、健康の維持のために製薬会社で作られた薬を医療機関や薬局を経由して消費者の手に届くまでの過程で薬学の専門的な知識をもとに関与する仕事です。
薬剤師の資格を有している方は薬局や医療機関での調剤業務、製薬会社での医薬品等の研究開発・製造、流通、販売、行政機関における許認可・監視指導・試験検査・教育機関など多くの場所で働くことができます。
一度取得すれば喪失することはありませんが、求人年齢は関係してきます。
20代から30代半ばであれば男女ともに雇用後の教育がしたすく、成長の伸びも大きいと考えられます。40代であれば男性はそれなりの待遇が必要になるため雇用側は慎重になり、女性の方が雇用率が高くなります。