薬剤師の求人において年齢制限のあるもの

MENU

薬剤師の求人において年齢制限のあるもの

薬剤師の資格においては、年齢により資格が失効することはありません。そのため何歳になっても働き続けることが出来ます。しかし病院や企業で働く場合には、年齢を重ねると働くことが難しくなってしまうのです。
病院で働く場合には、若いほど有利になります。その理由としては、病院内で調剤を行うだけではなく、病院内で医師や看護師と共に医療チームとして働く場合が多く、そのために勉強を熱心に行わなければならないからです。そのため単純な腸剤だけではなく、体力も知識も要求されるために、年齢制限が設けられる場合が多いのです。
企業の求人においても、定年があるために、薬剤師として高年齢でも働き続けることは難しくなってしまいます。

 

女性の美を支える化粧品メーカーの薬剤師求人

 

薬剤師というと調剤が主な業務になるかと思われていますが、実は薬剤師が働ける場所は多岐にわたって存在しているのです。
あまり知られていない分野では化粧品メーカーがあります。こちらでは薬学の知識を活かして研究職につくことが可能です。資格を保有していなくても薬学大学や薬学部にて薬学の知識を学んでいれば就くことができるため、多くの方が選択しています。
大手ほどスキンケア部門、メーキャップ部門、ヘアケア部門など様々な分野があり、メーキャップ部門の中でもファンデーション、リップ、マスカラなど枝分かれしているため雇用数は多く、どの分野の研究をしたいのか希望を通すことも可能です。
また、求人をみると年収は比較的高く、初任給で500万円もらえるケースもあるようです。