薬剤師求人の減少と雇用状況

MENU

薬剤師求人の減少と雇用状況

薬剤師の人材は一定数を確保できるようになってから減少していますが、少なくなっているのは正社員としての雇用でアルバイトや契約社員といった非正規社員の求人はむしろ増えていると言えます。人材が不足している時期を乗り切り一定数の人材が確保できたことで人件費の高い正社員を雇用する必要が無くなったため、非正規社員を採用するようになってきたのです。雇用形態にかかわらず薬剤師がいれば営業が成り立ちますので、雇用する側が人件費を削減する行動をとるのは自然な流れだと言えます。しかし非正規社員の求人ではキャリアアップにより正社員へ昇格できる制度を採用している企業もありますので、実力をつければ高待遇と良い労働環境を手にすることが可能なのです。

 

年収1000万を稼ぐ薬剤師の求人

 

まず初めに、薬剤師で1000万円を稼げるケースはほぼありません。よくて700万〜800万円とされているのが現状です。
ただ、ご存知の方もいるかと思いますが、薬剤師と一口に言っても何も調剤だけができる業務じゃありません。例えば、ドラッグストアの販売員、製薬会社・化粧品会社・健康食品会社の研究員、衛生機関・麻薬取締官などの公務員など様々な分野で活躍できる資格なのです。
そんな中でも、大手製薬会社に勤務している方なら年収1000万円を稼ぐことも不可能ではないとしています。新卒から正社員として勤務すれば40代には、その夢も高確率で叶うでしょう。
よって、もし高年収を期待して求人を探すのであれば職種に注目してみてください。