老健施設での薬剤師の求人はあるのか

MENU

老健施設での薬剤師の求人はあるのか

老健施設は介護保険施設のひとつであり、医療と介護の中間施設とも言われます。そのため、状態が安定していても医療が必要な利用者は多く、薬をほとんどの利用者が利用しています。そのため、薬剤師の需要は大きくなってきています。しかし、現状では老健施設における薬剤師の配置は義務とはなっていないため、求人は少ない状態です。募集があるのは規模が大きい施設などになります。今後の日本は高齢化社会が進行していくこととなり、病院での入院期間の短縮がさらに行われることは間違いありません。そのため、施設における医療の必要性は高くなっていくことは間違いなく、より専門的な知識が必要となります。その際には、薬の処方をおこなう薬剤師の需要はさらに大きくなるでしょう。

 

成功報酬制の薬剤師求人なら高年収が期待できる

 

薬剤師の求人は色々ありますが、中でも成功報酬制の職種なら高年収が期待できます。成功報酬制というと一般的には製薬会社のMRになるでしょう。
MRとは、その会社で開発した薬を病院に売り込みにいく仕事です。売り込み後も、使ってもらった薬の情報を貰いに行ったり、提供をしに幾度となく病院に通うことになります。
全てのMRがノルマで動いているわけではないですが、ノルマがある製薬会社なら薬剤師によっては年収1000万円稼いでいる方もいます。高年収の製薬会社の特徴としては大手製薬会社ですが、年功序列の会社はそれほどでもなく、成長率が高い会社ほどノルマが厳しくなるようです。よって、高年収の求人を探すときにはノルマにも注目してみましょう。