老健での薬剤師求人について

MENU

老健での薬剤師求人について

老健というのは正式名称を老人保健施設といい、介護保険の中核的役割を果たしている施設です。医師や看護師、理学療法士、や作業療法士などの医療スタッフも多く生活リハビリを行っています。最近では病院での受け入れが難しいことから医療が必要な利用者も多く、利用者の服薬管理が難しくなってきつつあります。そのため、入所人数が多い老健では薬剤師が必要となり求人を出しているところもあります。薬剤師が服薬管理を行うことによって、医師や看護師の負担が軽減できるとともに、より専門的で効率的な薬の利用も可能となっていきます。現在は法律上、薬剤師の配置が義務付けられてはいないため求人は少ないですが、今後は増えていく可能性があります。

 

薬剤師の求人で年齢不問の場所を探すには

 

薬剤師の求人において、年齢不問の場所を探す場合には、個人が経営している薬局や、ドラッグストアを利用することが必要になります。薬剤師の資格には定年が無いために、どのような年齢になったとしても、資格を持っている限りには働くことが出来ます。しかし年齢を重ねるとともに、体力が低下してしまうために、働く場所が限られてしまうことがあるのです。
病院や企業で働く場合には、年齢を重ねると難しくなってしまいます。病院では体力が必要になるために、高齢の方であると、働くことが難しくなってしまうのです。企業で働く場合には、定年があるために、難しいのです。
そのため年齢不問の場所は、個人が経営している薬局やドラッグストアになるのです。