薬剤師が求人雑誌でたくさん募集されている理由

MENU

薬剤師が求人雑誌でたくさん募集されている理由

現在、薬剤師の募集を求人雑誌で見ないことはありません。つまり、獲得競争が起きていることですが、その理由は薬局やドラッグチェーンの開局競争が背景にあります。そして、その理由を遡るなら俗な表現をするなら「儲けが大きい」ことが上げられます。
一昔前まで調剤薬局というのはニッチ産業でした。調剤薬局とは病院などで処方される病院を調剤する薬局のことです。ちなみに、ドラッグチェーンは大衆薬品を販売することはできますが、調剤薬局を販売することはできません。
そんな中、国の方針により病院が医薬分業が進められ、調剤薬局が活況を呈するようになりました。その結果調剤薬局に注目が集まりました。そうした状況をみて、ドラッグチェーンも調剤を扱うようになり、薬剤師の需要が伸びたためです。

 

薬剤師の求人は無料で掲載している

 

薬剤師の求人広告は無料の雑誌に掲載しています。薬剤師は給料もよく、パート勤務でも、時給が高額で記載しています。特にインターネットは全国の地域で募集しており、いつでもどこにいても、募集のサイトを観覧することが出来ます。インターネットも無料の専用雑誌も詳しく掲載しており、休日や待遇、仕事内容など載っています。簡単に見つける事ができ、インターネットからは、さいとから企業に申し込みもできる、サイトもあります。正社員からパートまであり、病院の休みによって休日だったりします。勤務時間も病院に合わせているので、薬局によって違います。病院とは関係ない大型スーパーや個人の薬局も時間や休日はお店に寄って違いますが、薬剤師は夜8時までのところが多いです。求人雑誌とインターネットがあるので転職する際に見つけやすいです。